森林・林業関連イベント一覧

森林・林業に関連するシンポジウム、セミナー、屋外イベント、木工教室、木づかいイベント、木育イベントなどを紹介。

森林・林業関連イベント

各イベントのタイトルをクリックすると詳細へリンクします。

木材アドバイザー(もくアド)養成講習会・東京

木材を取り扱う方々を対象に環境問題や木材需給、日本の林業のほか、木の見分け方や基本的性質、木造建築に関する実践的な知識を学んで頂くため、木材アドバイザー養成講習会を開催。

主催:全日本木材市場連盟


木材利用推進研修

国や地方公共団体などで庁舎等公共建築の施設整備等に携わる職員を対象に、木材の基本的知識や建築基準法の関連規定等に関する知識を修得できるようにする。定員40名。経費は、食費1,550 円/日、寮費1,210 円/日、テキスト代等(予定) 1万5,000円。募集締め切りは、12月20日(木)。

主催:国土交通大学校


フォレストカーボンセミナー:COP24等報告会

ポーランドで開催されているCOP24の議論や、緑の気候基金(GCF)でのREDD+の資金に関する検討状況について、交渉に参加された林野庁の方より最新動向を報告。

主催:国際緑化推進センター


林業就業相談会「集まれ林業男子・林業女子in西播磨」

林業や木材の仕事に興味のある方、山で働くことってどんな感じかな?と思われた方、参加無料、事前申込み不要、開催時間内は出入り自由のイベントなので、お気軽にお越し下さい。

主催:西播磨県民局 光都農林振興事務所


木材活用コンクール

木の伝統と文化を次世代へ繋ぐため「木の良さ」を活かした作品や、従来にはない新しい木材の利用や見せ方、工法などを用いた「木材の新たな一歩(可能性)」を追求する作品を、4つの部門を設けて募集し、木材の良さの普及と木材の利用用途の拡大に貢献する優秀な作品を表彰。

主催:日本木材青壮年団体連合会


以下は過去に行われたイベント等の情報です ----------------------------

木育・森育楽会 in 石川

木育・森育はそれこそ森のように、どんな活動も包括しています。この「木育・森育楽会」は誰でもが気軽に参加でき、自分の活動を紹介し、そこから有機的につながっていかれるような、場の提供を目指しています。今回は石川県で、明日から始められる、「日常に持ち込める木育・森育」について語り合います。

主催:木育・森育楽会実行委員会


花粉発生源対策普及シンポジウム2018

花粉発生源対策普及シンポジウム2018のイメージ

花粉症は、今や国民の3割が罹患しているといわれています。林野庁では花粉発生源対策として、「伐って、使って、植える」といった森林資源の循環利用を確立するとともに、花粉の少ない苗木への植替え促進や花粉の飛散を抑制する技術の開発に取り組んでいます。本シンポジウムは、これらの取組を広く一般に普及するために開催されます。

主催:一般社団法人 全国林業改良普及協会


集成材工場見学会

集成材工場見学会のイメージ

JR東京駅周辺に集合した後、貸し切りバスでファーストウッド(株)真岡工場やプレカット工場などを訪れる。瑕疵保証付き集成材等をより一層理解していただくことが目的。

主催:日本集成材共済会


鳥獣被害対策コーディネーター等育成研修会

鳥獣被害対策コーディネーター等育成研修会のイメージ

シカ等野生鳥獣の全国的な増加により、農林業への被害が拡大・深刻化し、鳥獣害対策を推進する人材の育成が急務となっています。本研修会では、特に森林・林業分野で被害対策を担うことができる人材の育成を目的とし、研修会を開催します。

主催:株式会社野生動物保護管理事務所


ベトナム向け・日本産木材製品輸出促進セミナー

ベトナムにおける木造建築や木材流通、家具産業の状況などの報告。定員50名。参加費無料。なお、同日午前中には、「木材商談会」も行われる。

主催:日本木材輸出振興協会


里山における森林整備・管理のあり方に関する講習会

都市近郊の里山林に関する調査・研究成果をもとに、今後の管理方針などを考える。定員50名。

主催:森林保全・管理技術研究所


森林ビジネスワークショップ

コミュニティベースのエコ製品の振興:森林管理ユニット(FMU)との協働によるエコ製品のマーケティングと投資に向けて…今年は日本とインドネシアの国交樹立60周年にあたることを踏まえ、両国の森林政策などに関する最新情報を共有する。参加費無料(事前申し込み制)。

主催:在日インドネシア大使館・日本アセアンセンター


森林教育交流会「成果発表会」

事例報告や討論を通じて、森林教育活動のあり方を考える。定員60名。参加費無料(事前申し込み制)。申し込み締め切りは、11月25日(日)。

主催:国立研究開発法人森林研究・整備機構


トヨタの『改善』に学ぶ、林業に活かす生産性向上のための手法とは?

FOREST MEDIA WORKSの楢崎達也氏をコーディネーターに、元(株)豊田自動織機コンサル部長で現在は(株)DAY BY DAYの代表取締役である成瀬力造氏が講演する。

主催:矢板市林業・木材産業成長化推進協議会


第10回漆サミット(漆サミット2018 in 盛岡)

重要無形文化財「蒔絵」保持者で人間国宝の室瀬和美氏による基調講演や、イノベーション創出強化研究推進事業の研究成果発表会、ポスター発表などが予定されている。入場無料。25日には中尊寺・平泉世界遺産センターの見学会(定員50名、有料)、23・24日には体感イベント「漆DAYSいわて2018」も行われる。

主催:日本漆アカデミー


オーストリア森林フォーラム IN 東京

オーストリアと日本の森林に関する専門家が集い、意見交換を行う当フォーラム。「森林業の収益向上を目指す」をテーマに専門家が講演。参加費無料。事前申し込み制(先着100名)。

主催:オーストリア大使館商務部


気候変動下における山岳の生物多様性と持続可能性

気候変動下における山岳の生物多様性と持続可能性のイメージ

カマル・バワ博士(マサチューセッツ州立大学ボストン校特別教授、インド・アショーカ生態学環境研究トラスト研究所代表)やアリソン・ペリゴー博士(スウェーデン・ヨーテボリグローバル生物多様性センター、ヨーテボリ大学生物環境科学部門プロジェクト・コーディネーター)らを招いて問題の革新に迫る。参加費無料。

主催:筑波大学山岳科学センター


あその山モン伐木チャンピオンシップ2018

あその山モン伐木チャンピオンシップ2018のイメージ

10名による伐倒、玉伐り、枝払い競技のほか、午後1時からは日本伐木チャンピオンシップ出場者5名による実演が行われる。手ノコ丸太切り競争やチェーンソーアートの実演も。

主催:阿蘇地域林業担い手対策協議会


福島の森林利用と文化の再構築に向けて

福島の森林利用と文化の再構築に向けてのイメージ

東京電力福島第1原発の事故から7年半が経ったことを踏まえ、森林・林業・山村の再生方策について研究者が報告し、パネルディスカッションで議論を深める。入場無料。

主催:林業経済学会,福島大学食農学類準備室


森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク 設立記念シンポジウム

森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク 設立記念シンポジウムのイメージ

自治体による「森と自然の育ちと学び」に関する報告に続き、教育評論家の尾木直樹氏による基調講演などが行われる。参加費無料。

主催:森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク


森林・林業白書イメージキャラクター愛称募集

森林・林業白書イメージキャラクター愛称募集のイメージ

「森林・林業白書」のイメージキャラクターを作成し、親しみのもてる愛称を募集している。1人何回でも応募可能。ただし、1回の応募につき1つの名前とする。決定した愛称は、フェイスブックなどで公表する。

主催:林野庁企画課