世界の森林面積と森林率

01/03

世界の森林面積は約40億ha

約1万年前(日本は縄文時代)には、世界の森林面積は62億haあったといわれています。その後、文明の発達とともに森林は減少し、現在、世界の森林面積は約40億haで、陸地面積の約3割(27%)が森林で覆われています。地球全体に占める森林の割合は、約1割弱(8%)です。

世界の森林分布の図

世界の森林分布(緑色の部分が森林または樹木地)

世界の森林面積の推移
森林面積(1000ha)森林率(%)
19904,236,43332.6
20004,158,05032.0
20104,106,31731.6
20204,058,93131.2

※森林率とは、陸地面積に対する森林面積の割合のこと

世界の森林面積ランキング
順位森林面積(1000ha)世界の森林面積に占める割合(%)
1ロシア連邦815,31220%
2ブラジル496,62012%
3カナダ346,9289%
4アメリカ合衆国309,7958%
5中国219,9785%
6オーストラリア134,0053%
7コンゴ民主共和国126,1553%
8インドネシア92,1332%
9ペルー72,3302%
10インド72,1602%
Column

もし、地球が直径が100cmの球だとすると・・・

もし、地球が直径が100cmの球だとすると・・・地球の広さ(表面積)はおよそ畳2畳分になります。富士山の高さは0.3ミリで空気の層は1ミリ程度。スペースシャトルは2~3センチの高さのところを飛んでいることになります。そして、森林面積(約8%)はA3用紙2枚分くらいの広さです。


もし、地球が直径が100cmの球だとすると

 

02/03

世界の森林率

陸地面積に対する森林面積の割合のことを森林率といい、全世界の森林率は27.6%(約3割)です。森林率は、その国やエリアにおける森林の豊かさを表す指標となります。ロシア(シベリア)と北米では亜寒帯林、アジア、アフリカ、南米では熱帯林を中心に豊かな森林が広がっています。なお、日本の森林率は66%で世界平均(=約3割)を大きく上回っています。先進国(OECD加盟国)の中では森林率第3位で、日本は世界有数の森林国といえます。

世界の森林面積

世界の森林面積
世界森林資源評価(FRA)2020メインレポートをもとに作成

〔詳細データ〕
地球の表面積=51,006,560千ha
陸地面積=14,724,400千ha(地球の表面積の約3割)
森林面積=4,058,931千ha(陸地面積の約3割)

※理科年表地学部、世界森林資源評価(FRA)2020メインレポート

世界の森林率ランキング
順位森林面積(1000ha)森林率(%)
1スリナム15,19697%
2仏領ギアナ8,00397%
3ガイアナ18,41594%
4ミクロネシア連邦6492%
5ガボン23,53191%
6ソロモン諸島2,52390%
7パラオ4190%
8赤道ギニア2,44887%
9米領サモア1786%
10パプアニューギニア35,85679%
世界の森林率ランキング(OECD加盟国)
順位森林面積(1000ha)森林率(%)
1フィンランド22,40973.7%
2スウェーデン27,98068.7%
3日本24,93568.4%
4韓国6,28764.5%
5スロベニア1,23861.5%
6エストニア2,43856.1%
7ラトビア3,41154.9%
8コロンビア59,14253.3%
9オーストリア3,89947.3%
10スロバキア1,92640.1%
03/03

森林面積が増加している国

森林面積の増加が目立つ国は中国です。他の国と比べて一カ国が抜き出ています。中国は砂漠化、洪水、土砂崩れ、渇水の頻発などの森林の持つ公益的機能の低下を背景に急速な緑化を進めています。

森林面積が増加している国 グラフ

 


〔参考文献・出典〕
独立行政法人国立環境研究所ニュース/環境省HP/山形大学HP


このページのトップへ