木材の用途

 
TopPage | ご利用の手引き | 森林・林業用語検索 | 木製品紹介 | リンクについて | お友達に紹介 | お気に入り登録

トップページ  →  木材  →  木材の用途

 

木材の用途

木の文化を育んできた日本

私たち日本人は、昔から生活の中に木をうまく取り入れ、生活をより豊かで快適になるように工夫してきました。日本の文化を語る時、木はなくてはならないほど、私たちと深い関わりあいを持ってきました。

縄文時代より木材住居等の建築物、食器や農具などの日用品、燃料などとして利用され、6世紀以降は宮殿や寺院の造営、築城、江戸の町づくりなどの資材として大量に使用してきました。今の日本ではどのように利用しているのでしょうか?

木材の用途の円グラフ


現代は、紙と板紙(ダンボール)としての利用が特徴的

建築・土木や家具・建具、木箱など、いわゆる木材としての利用を合計すると53%となり、半分以上を占めています。これらは、日本古来からの木材の用途として、ほとんど変わっていません。

そして、現在は、紙・板紙の原材料としての利用が4割程度となっており、現代社会ならではの木材の利用方法と言えると思います。

ハウスメーカーや建設業はもとより多くの企業や組織が紙として木材資源を利用しています。

例えば木材と縁遠いイメージの家電メーカーでも製品の包装材としてダンボール(板紙)を使っていますし、製品のカタログやパンフレット、取り扱い説明書にも多くの紙が使われています。


〔参考資料・出典〕
日本の森を育てる円卓会議 提言書「木づかいのススメ」
(財)日本木材総合情報センター「企業セミナー・木づかいのススメ」