広葉樹材の用途

広葉樹材の用途

広葉樹材の用途

広葉樹は針葉樹と比べて、種類が多く、葉の形や性質が異なるさまざまなタイプがあります。日本のおもな広葉樹は約300種あり、そのうち特に木材としてよく使われるものは30種ほどです。広葉樹材は「Hard Wood」といわれるように一般的には材質は堅いものが多くなっていますが、樹種ごとにかなり違いがあります。そのため、建築材をはじめ適材適所で、さまざまな用途に使われます。


住宅の資材

柱や梁には、針葉樹のスギやヒノキが多く使われますが、古い民家や神社、仏閣ではケヤキなども見られます。広葉樹はその堅い材質を活かして、敷居、框(かまち)、床柱などにも使われますが、最近ではフローリングなどの床材として多く使われています。

※框(かまち)…床の高さが変わる見切り部分の横木のこと。上がり框(玄関などの上がり口部分)、床框(床の間の前端)など場所により呼び名が異なります。なお、窓や障子などの周囲の細長い枠を指すこともあります。


家具

家具としてはナラやブナ、センノキ、ニレなどがテーブル、イス、タンス、食器棚などに使われます。特に、桐(キリ)のタンスは、日本各地で伝統的工芸品として経済産業大臣から指定を受けています。

モダンにデザインされた桐の箪笥 写真:おしゃれ雑貨家具プリズム


まな板

まな板といえば、殺菌性や防カビ性の強い針葉樹のヒノキのまな板がしばしば見られます。一方、広葉樹では刃当りがよいのがホオノキ、使いやすさではヤナギが最高とも言われています。


合板

日本の合板は、南洋材(マレーシア、インドネシアなどからの輸入材)が多くなっていますが、国産材ではシナ・カバ・セン・ブナ・ナラ等が使われます。これらを表面材料にすると白くて美しいので、内装材として使われることもあります。最近では地球環境保護の世界的な動きのなかで、広葉樹から針葉樹への合板の原材料の転換が進められています。


広葉樹は火持ちがよいので炭として、しばしば使われます。特にウバメガシ、コナラ、クヌギが優れています。飲食店で使われることが多いのですが、バーベキューなどのアウトドアでも使われています。また、土壌に混ぜて樹木の生育に役立てたり、消臭剤にするなど、活性炭としての利用も多くなっています。


器物

腕、盆、菓子器などの木地には、トチノキ、ケヤキ、ブナ、ミズメなどで、木目の美しいものや細工のしやすい材が選ばれます。


玩具

こけし、こまなどの木製玩具には、ミズキ、イタヤカエデなどが使われます。


バット

アオダモは北海道、本州、四国、九州などに分布し、家具材、器具材として利用されています。材質として曲げ強さ、堅さ、粘りといった性質があるため特に硬式野球用バットの最高級材として有名です。


日本では、おもに製材残材を有効活用してパルプの原料にします。製材残材以外では、針葉樹よりも広葉樹を多くパルプの原料にしています。新聞用紙や包装用紙など強度が求められる紙には針葉樹、印刷用紙や筆記用紙など平滑性が求められる紙には広葉樹が適しています。なお、和紙にはコウゾ、ミツマタがよく使われます。


〔参考文献・出典〕
林野庁「木のおはなし」