木材の炭素貯蔵庫 炭素の缶詰 木造住宅は都市の森林

木材が「炭素の貯蔵庫」「炭素の缶詰」「木造住宅は都市の森林」「第2の森林」などといわれる理由

地球の平均気温が上がり続けている「地球温暖化」。この原因は地球の空気の中の「二酸化炭素」が増えていることなんだ。森林の木々は空気中から二酸化炭素を吸収して、炭素の形にして蓄えるんだよ。だから木がたくさんあると、温暖化防止に役立つんだ。
そして、木は木材として使用されている間も炭素を蓄えていて、温暖化の原因のCO2を吐き出すことはないんだ。だから木材でつくられた家は「第二の森林」「まちにある森林」など呼ばれているんだよ。

木材の炭素貯蔵効果

木材は炭素の貯蔵庫・木造住宅は都市の森林

森林の木々は、光合成により大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収し成長します。その光合成で吸収した二酸化炭素は、炭素(C)として取り込まれ、ブドウ糖となり、幹や枝、葉など樹体を形成します。そのため、樹体内には炭素が貯蔵されるようになります。

さらに、樹木が伐採されて、木材として使用されている間も炭素(C)は貯蔵されたままです。大気中から吸収したCO2は、燃やさない限り木材から、大気中に放出されることはありません。

結局は、身の回りに木製品が増えるほど、大気中のCO2を減らすことになり、温暖化防止に役立つことになります。この効果は木製品が廃棄されて燃やされるまで、ずっと有効です

木造住宅(木の家)は、森林と同じように二酸化炭素(CO2)を固定したままなので、「都市の森林」「第二の森林」などと言われます。同じ理由で、木材は「炭素の貯蔵庫」「炭素の缶詰」などと言われます。

エコマテリアル木材のイメージ


木製品を増やすことで炭素の貯蔵効果が高まる

私たちが木造住宅を造ったり、木造の家具を使うことは、炭素を貯蔵していることになります。丈夫で長持ちする木造住宅建てたり、木造の家具をつくったりして、使っている間は大気中の二酸化炭素(CO2)を減らしていることになります。

化石燃料の消費により、大気中の二酸化炭素が放出され、温暖化が進行している現在では、木造住宅をはじめとした木製品を身の回りに増やすことが温暖化の進行を阻止することになります。木材は使用しながら大気中の二酸化炭素を減らすことができる資源なのです。


木材を燃やしても大気中の二酸化炭素は増加しない

木造住宅などを解体材し、それを燃やしたときには、二酸化炭素(CO2)を放出します。しかし、もともと大気中に存在していた二酸化炭素なので、長期的に見れば、大気中の二酸化炭素の増減はありません。この考え方は「カーボンニュートラル」といわれています。

木材は薪やペレットにすれば、化石燃料の代わりになります。いわゆる「バイオマスエネルギー」です。森林や木材の活用によって、化石燃料の消費量を減らすことができますし、「カーボンニュートラル」の考えからから、燃やしても大気中の二酸化炭素を増やすことはないのです。