木材の炭素貯蔵庫 炭素の缶詰 木造住宅は都市の森林

 
TopPage | ご利用の手引き | 森林・林業用語検索 | 木製品紹介 | リンクについて | お友達に紹介 | お気に入り登録

トップページ  →  木材  →  木材の炭素貯蔵効果

 

木材の炭素貯蔵効果

木材は炭素の貯蔵庫・木造住宅は都市の森林

森林の木々は、光合成により大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収し成長します。その光合成で吸収した二酸化炭素は、炭素(C)として取り込まれ、ブドウ糖となり、幹や枝、葉など樹体を形成します。言い換えると、樹体内には炭素が貯蔵されていることになります。

さらに、樹木が伐採されて、木材として使用されている間も貯蔵されたままです。大気中から吸収したCO2が木材から大気中に放出されることはありません。

結局は、身の回りに木製品が増えるほど、大気中のCO2を減らすことになり、温暖化防止に役立つことになります。この効果は木製品が廃棄されて燃やされるまで、ずっと有効です(ただし、燃やした時点で、CO2を放出します)。

木造住宅(木の家)は、森林と同じように二酸化炭素(CO2)を固定したままなので、「都市の森林」「第二の森林」などと言われます。同じ理由で、木材は「炭素の貯蔵庫」「炭素の缶詰」などと言われます。

エコマテリアル木材のイメージ

木製品を増やすことで炭素の貯蔵効果が高まる

上記のとおり、私たちが木造住宅を造ったり、木造の家具を使うことは炭素を貯蔵する行為と同等です。丈夫で長持ちする木造住宅や家具を造り、使っている間は大気中の二酸化炭素(CO2)を減らしていることになります。

化石燃料の消費により、大気中の二酸化炭素が放出され、温暖化が進行している現在では、木造住宅をはじめとした木製品を身の回りに増やすことが温暖化の進行を阻止することになります。木材(木質系材料)は使用しながら大気中の二酸化炭素を減らす可能性を持つ唯一の資源です。


木材を燃やしても大気中の二酸化炭素は増加しない

木造住宅などを解体材し、それを燃やしたときには、二酸化炭素(CO2)を放出しますが、もともと大気中に存在していた二酸化炭素なので、長期的に見れば、大気中の二酸化炭素の増減はありません。この考え方は「カーボンニュートラル」と言われています。

木材は薪になり、化石燃料の代わりになります。いわゆる「バイオマスエネルギー」です。森林や木材の活用によって、化石燃料の消費量を減らすことができますし、「カーボンニュートラル」の考えからから、燃やしても大気中の二酸化炭素を増やすことはないのです。