木材断熱性 居住環境

 
TopPage | ご利用の手引き | 森林・林業用語検索 | 木製品紹介 | リンクについて | お友達に紹介 | お気に入り登録

トップページ  →  木材と住環境  →  木材の断熱性と居住環境

 

木材の断熱性と居住環境

日本のほとんどの地域では、夏は熱帯なみに暑く、冬は寒気が厳しい気候になっています。このような気候環境のもと、日本人が快適に過ごすためには夏涼しく冬は暖かい居住環境が望まれます。


鉄筋コンクリート造と木造住宅の室温の変化

1年間の外気温度と室温変化

上のグラフを見ると、鉄筋コンクリート造、木造ともに外気温を緩和していることがわかります。しかし、鉄筋コンクリート造は年間を通して、外気温より高く、冬は暖かいのですが、夏は暑過ぎです。

一方、木造住宅は外気温と比較すると、夏は涼しく、冬は暖かいことがわかります。 ただし、木造住宅がいくら冬に暖かいといっても外気温と比較であり、グラフを見ると暖房機器が必要な温度です。

暖房機器等を使った場合、鉄筋コンクリート造では、熱伝導率(失熱)の大きいコンクリート壁などに熱が奪われ、部屋が暖まるまでに時間がかかり効率がよくありませんが、木造の場合は素早く暖めることができます。


〔参考資料・出典〕
財団法人 日本木材総合情報センター「木材の基礎知識」「人と環境にやさしい木のはなし」をもとに作成/山田正編「木質環境の科学」海青社,1987