京都議定書目標達成のための森林整備、どれだけ間伐をすればよいのか

 
TopPage | ご利用の手引き | 森林・林業用語検索 | 木製品紹介 | リンクについて | お友達に紹介 | お気に入り登録

トップページ  →  温暖化防止と森林  →  どれだけ間伐をすればよいのか

 

どれだけ間伐をすればよいのか

間伐の促進が急務

京都議定書で日本は、温室効果ガス排出量を1990年比で6%削減することを約束しています。その削減量の6割以上にあたる1300万炭素トンは、森林の二酸化炭素吸収により達成する計画となっています。二酸化炭素を吸収する健全な森林を維持するためには、間伐等を適切に行い森林を整備する必要があります。

第一約束期間では330万haの間伐が必要

間伐により健全な森林が育成される


2012年までに合計330万haの間伐が必要

現在の水準で森林整備が進んだ場合、目標の1300万炭素トンに対して、110万炭素トンが不足すると見込まれます。この不足分を確保するためには、2007年~2012年の6年間に毎年55万ha、合計 330万haの間伐が必要です。

どれだけ間伐すればよいのか

「育成林」とは人の手によって育てていく森林(人工林)のことです。日本では戦後を中心に、先人たちが植林してくれた1000万ha以上もの育成林が広がっています。育成林(人工林)は、将来、木材として利用するためなどに、苗木から育てられたいわば「木の畑」です。


森林整備のために必要なこと

森林整備を促進するためには、小規模で分散型の日本の森林施業を集約化すること。効率的な作業のための林道と高性能林業機械の整備、間伐材の利用促進するための普及啓発活動などが必要です。また、2008年5月には「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法(間伐促進法)」が公布・施行されました。



〔参考・引用〕
社団法人全国改良普及協会「知ってほしい森と木のこと」/社団法人国土緑化推進機構「間伐!待ったなし」