日本の製材品はどこへ輸出されているのか

製材品|木材輸出相手国(輸出先)

2017年、日本における製材品総輸出量は、133,856m3 でした。
最大相手国は、中華人民共和国で、輸出量全体の46.9%を占めています。
次いでフィリピンが24.2%、アメリカ合衆国が11.0% となっています。
なお、輸出総額は 5,731,811千円でした。

単位:m3|2017年
順位国名輸出量グラフ
1 中華人民共和国China 62,802 m3 2,093,802千円
2 フィリピンPhillippines 32,366 m3 1,311,281千円
3 アメリカ合衆国USA 14,746 m3 731,255千円
4 大韓民国Korea 10,249 m3 705,301千円
5 台湾Taiwan 6,409 m3 291,833千円
6 ベトナム 5,090 m3 212,158千円
7 インドネシア 1,255 m3 215,963千円
8 香港 104 m3 46,589千円
9 カナダ 70 m3 2,636千円
10 タイ 79 m3 16,499千円
11 スウェーデン 54 m3 3,400千円
12 インド 48 m3 868千円
13 ネパール 43 m3 992千円
14 ノルウェー 41 m3 1,783千円
15 ソロモン 33 m3 5,026千円
16 ロシア 32 m3 49,058千円
17 モンゴル 36 m3 4,847千円
18 パプアニューギニア 298 m3 1,214千円
19 モザンビーク 14 m3 491千円
20 クウェート 13 m3 4,853千円
データ出所:財務省貿易統計