日本の製材品はどこへ輸出されているのか

製材品|木材輸出相手国(輸出先)

2020年、日本における製材品総輸出量は、174,866m3 でした。
最大相手国は、中華人民共和国で、輸出量全体の37.5%を占めています。
次いでアメリカ合衆国が30.4%、フィリピンが15.7% となっています。
なお、輸出総額は 7,042,187千円でした。

単位:m3|2020年
順位国名輸出量グラフ
1 中華人民共和国China 65,558 m3 1,602,875千円
2 アメリカ合衆国USA 53,230 m3 2,615,231千円
3 フィリピンPhillippines 27,411 m3 1,123,340千円
4 台湾Taiwan 11,638 m3 503,976千円
5 大韓民国Korea 11,286 m3 723,787千円
6 ベトナム 1,936 m3 107,522千円
7 インドネシア 1,777 m3 160,272千円
8 タイ 885 m3 100,526千円
9 ニュージーランド 344 m3 25,122千円
10 インド 267 m3 2,316千円
11 カナダ 140 m3 7,935千円
12 スリランカ 126 m3 7,026千円
13 香港 45 m3 11,329千円
14 エチオピア 41 m3 1,143千円
15 オランダ 107 m3 12,570千円
16 南スーダン 12 m3 500千円
17 オーストラリア 9 m3 3,996千円
18 シンガポール 6 m3 1,101千円
19 アラブ首長国連邦 2 m3 3,779千円
20 オマーン 6 m3 8,898千円
データ出所:財務省貿易統計