日本の合板はどこへ輸出されているのか

合板|木材輸出相手国(輸出先)

針葉樹合板

2017年、日本における針葉樹合板総輸出量は、110,604m3 でした。
最大相手国は、フィリピンで、輸出量全体の95.6%を占めています。
次いでインドネシアが2.5%、中華人民共和国が0.6% となっています。
なお、輸出総額は 5,450,724千円でした。

単位:m3|2017年版
順位国名輸出量グラフ
1 フィリピンPhillippines 105,696 m3 5,351,351千円
2 インドネシアIndonesia 2,765 m3 13,745千円
3 中華人民共和国China 683 m3 8,428千円
4 台湾Taiwan 535 m3 25,561千円
5 大韓民国Korea 470 m3 24,535千円
6 インド 125 m3 943千円
7 ロシア 93 m3 5,629千円
8 モザンビーク 88 m3 4,777千円
9 パプアニューギニア 57 m3 3,408千円
10 キリバス 38 m3 2,300千円
データ出所:財務省貿易統計

広葉樹合板

2017年、日本における広葉樹合板総輸出量は、3,234m3 でした。
最大相手国は、フィリピンで、輸出量全体の47.2%を占めています。
次いで中華人民共和国が40.9%、インドネシアが2.7% となっています。
なお、輸出総額は 466,067千円でした。

単位:m3|2017年版
順位国名輸出量グラフ
1 フィリピンPhillippines 1,527 m3 163,579千円
2 中華人民共和国China 1,322 m3 238,030千円
3 インドネシアIndonesia 88 m3 9,356千円
4 ベトナムVietnam 57 m3 14,905千円
5 台湾Taiwan 43 m3 7,786千円
6 マレーシア 38 m3 4,691千円
7 パナマ 36 m3 7,134千円
8 ソロモン 29 m3 2,535千円
9 タイ 27 m3 2,761千円
10 香港 27 m3 6,572千円
データ出所:財務省貿易統計