日本の製材品はどこから輸入されているのか

製材品|木材輸入相手国(輸入元)

2020年、日本における製材品総輸入量は、5,076,479m3 でした。
最大相手国は、カナダで、輸入量全体の23.5%を占めています。
次いでロシアが16.1%、スウェーデンが15.6% となっています。
なお、輸入総額は 206,050,277千円でした。

2020年
順位国名輸入量グラフ
1 カナダCanada 1,194,463 m3 47,738,839千円
2 ロシアRussia 816,888 m3 31,278,868千円
3 スウェーデンSweden 794,382 m3 23,359,792千円
4 フィンランドFinland 792,325 m3 23,636,450千円
5 オーストリアAustria 223,909 m3 8,516,203千円
6 チリ 210,401 m3 6,073,741千円
7 アメリカ合衆国 196,593 m3 13,577,390千円
8 ルーマニア 168,777 m3 6,371,289千円
9 ラトビア 116,930 m3 3,359,539千円
10 チェコ 102,861 m3 3,318,324千円
11 ドイツ 87,212 m3 3,753,555千円
12 ニュージーランド 51,174 m3 1,830,960千円
13 エストニア 51,959 m3 1,854,269千円
14 マレーシア 43,976 m3 4,406,679千円
15 中華人民共和国 73,451 m3 11,118,458千円
16 ウクライナ 20,990 m3 535,878千円
17 インドネシア 51,115 m3 6,366,553千円
18 ノルウェー 10,567 m3 321,306千円
19 スイス 7,462 m3 426,784千円
20 ポーランド 6,736 m3 240,953千円
データ出所:財務省貿易統計