日本の製材品はどこから輸入されているのか

製材品|木材輸入相手国(輸入元)

2018年、日本における製材品総輸入量は、6,158,027m3 でした。
最大相手国は、カナダで、輸入量全体の29.6%を占めています。
次いでフィンランドが15.2%、ロシアが14.0% となっています。
なお、輸入総額は 286,576,667千円でした。

2018年
順位国名輸入量グラフ
1 カナダCanada 1,821,737 m3 87,734,592千円
2 フィンランドFinland 938,228 m3 32,723,476千円
3 ロシアRussia 860,413 m3 34,300,558千円
4 スウェーデンSweden 755,324 m3 27,088,430千円
5 オーストリアAustria 329,272 m3 13,527,693千円
6 チリ 319,779 m3 10,169,609千円
7 アメリカ合衆国 244,347 m3 18,454,441千円
8 ルーマニア 184,853 m3 7,656,560千円
9 ラトビア 105,685 m3 3,619,852千円
10 ドイツ 98,881 m3 4,515,842千円
11 チェコ 90,154 m3 3,329,254千円
12 ニュージーランド 66,625 m3 2,356,509千円
13 マレーシア 67,495 m3 6,728,498千円
14 エストニア 47,314 m3 1,860,290千円
15 中華人民共和国 82,581 m3 13,928,112千円
16 インドネシア 59,098 m3 7,925,095千円
17 ノルウェー 9,445 m3 334,790千円
18 ポーランド 5,928 m3 293,272千円
19 台湾 5,322 m3 1,013,976千円
20 スイス 4,086 m3 251,832千円
データ出所:財務省貿易統計