丸太輸出の推移

丸太輸出の推移(構成国別積み上げ棒グラフ)2010年~2017年における我が国の丸太輸出量と丸太輸出額の推移。輸出先として、中国の割合が圧倒的に高く、中国、韓国、台湾で9割以上を占めている。中国へ輸出された丸太の用途は、内装材、下地材(ネダ、屋根裏、床、壁など)、建築施工用材、型枠材、大径木は棺桶などといわれる。ヒノキは家具や内装に使われる。なお、最近、中国では、精密機器の輸出の梱包材やパレットとして、主に、ラジアータパインが使われており、必ずしも低質材が梱包材として使用されるとは限らない。

丸太輸出の推移



〔参考文献・出典・引用など〕
財務省貿易統計