杉(スギ)~日本一の木

ヒノキ科スギ属

北海道の南部以南の日本全土に分布

富士は日本一の山ですが、木の中では杉が日本一。杉は日本一樹高が高くなる木で、大きいものでは50m以上にもなります。しかも、杉は日本一長寿の木。樹齢2000~3000年の杉が日本各地にあります。さらに、日本でいちばん多く植えられている木もスギです。

樹齢2500年~3000年と
推定される縄文杉

スギの名の由来は真っ直ぐに高く伸びる木「直ぐ木=すぐき」

樹形は三角形(円錐形)。枝葉が玉状にモコモコつく

スギの樹皮は赤みを帯びた茶色で、縦によく裂けて剥がれる

雄花は小枝の先に多数つく。花期は2月~4月頃

球果は2cmほどの球形で、10月~11月に熟す

スギ材は縄文時代より使われており、日本の文化を支えてきた

01/04

杉は日本の固有種 1種1属の樹木

春日山 原始林の杉(奈良県)

春日山 原始林の杉(奈良県)

富士山は日本の山ですが、スギも日本だけの木(日本の固有種)です。学名の「クリプトメリアヤポニカ(Cryptomeria japonica)」をみてもわかるように「ヤポニカ(japonica)」は「日本の~」という意味のラテン語です。また「クリプトメリア(Cryptomeria)は「隠れた財産」という意味です。つまり「隠された日本の財産」という意味なり、スギは、財産になるほど利用価値の高い日本固有の木といえるでしょう。

ヒマラヤスギ、レバノンスギなどのように「スギ」の名を持つ木がありますが、いずれも「マツ科」でスギとは縁が遠いものです。

広葉杉(コウヨウザン)

広葉杉(コウヨウザン)

他にも、中国に広葉杉(コウヨウザン)というスギに似た木があります。この広葉杉は円錐形の樹形や樹皮は似ていますが、葉や球果も日本のスギのイメージとは違い、異国風の雰囲気を持っています。さらに属も違います。

スギは「1属1種の日本固有の木」なのです。

02/04

スギは縄文時代より日本文化を支えてきた

三角錐の樹形が整然と並ぶ美しいスギ林

三角錐の樹形が整然と並ぶ美しいスギ林

スギは日本で最も多く植林された木で、北海道の南部以南のほぼ日本全土にわたりスギ林が見られます。総人工林面積約1000万haのうち45%を占めており、建築材として広く利用されています。スギ林は、三角錐の樹形が整然と並んでおり、日本各地で美しい風景を形成しています。それらは戦後、先人たちが後世の人々のために、汗を流して植林した人工林(育成林)です。

縄文時代後期から弥生時代(4000年~2000年前)は「スギの時代」といわれるほど急激に分布を広げています。遺跡を調査すると埋没林や木材片としてスギが発見され、縄文時代早期より使われてきたことが知られています。鳥浜貝塚遺跡(福井県)の調査では、縄文時代に使われていた木材のうち、スギは20~30%、弥生時代には70~80%も使われていたことが推定されています。現代でも日本人の暮らしの中にスギは身近に見られ、家(建築材)や家具、彫刻、工芸、用具(樽・桶)、船、下駄なども、スギで作られているものが多くあります。

スギは日本人とともに歩み、日本の文化を支えてきた木といえるでしょう。

※犬は人間と相性のよい動物で、今も昔も私たちと生活を共にしています。木の中では、犬に相当するのはスギといわれています。スギは日本人と相性がよく、縄文・弥生時代から、日本人の生活の中には、道具や土木施設、住宅など、杉材がよく見られます。

03/04

汚染物質を吸収し、空気を浄化

樹木が光合成によって、温室効果ガスのCO2を吸収し、地球温暖化を防止する効果があることは、よく知られています。さらに樹木には、大気中の有害ガスを吸収・吸着して空気を浄化する性質もあり、杉はその機能が顕著であることがわかってきました。

次のグラフは杉でつくられた製材がどのくらい有害ガス(二酸化窒素やホルムアルデヒド)を吸収するかを、2つの部屋で比較した実験結果です。

杉材の有害物質浄化能力

杉材の有害物質浄化能力

※データ出所:社団法人大阪府木材連合会「杉の呼吸が暮らしを変える」
実験に使用した 部屋の広さは18.9m2(平米)。杉材を置いた部屋は2時間に1回の割合で換気を実施。実際に使った杉材は、杉の能力を引き出しやすい「小口スリット材」と呼ばれるパネル製品を6m2(平米)を使用。

※二酸化窒素濃度、ホルムアルデヒドは、ともに人間の健康を害する可能性が指摘されている物質。せき・たん、呼吸器疾罹患、アレルギー、発ガン性の可能性などが指摘されています。

04/04

スギが護ってきた正倉院の宝物

 

正倉院は「世界の宝庫」と呼ばれ、奈良時代に大陸各地からシルクロードを経由して集まってきた宝物が、1300年もの時を経て今も高い保存性で残っています。繊細な細工や染織は、鮮やかな色と形を失わず残っていますし、薬や香料は今でも効能を保っていると言われています。

その優れた保存機能は、ヒノキの部材で作られた校倉(あぜくら)や宝物本体が保存されている杉の箱(唐櫃:からびつ)によるものと言われています。

杉には、調温作用、調湿作用をはじめ、上記の二酸化窒素濃度やホルムアルデヒドの他、オゾンや二酸化窒素など宝物を劣化させるような物質を吸着してしまう機能があることが、最近になってわかってきています。奈良時代には科学的な裏付けとはいきませんでしたが、人々は経験によって、それぞれの木の性質を見極め、適材適所に使用してきたのでしょう。

 

人間も正倉院の宝物と同じように木に囲まれて生活していれば、健康で美しく、いつまでも長生きできるのかも知れませんね。


〔参考文献・出典〕
新建新聞社「木の文化」/河原輝彦氏「スギの故郷を尋ねて」/学習研究社「日本の樹木」/日本木材総合情報センター「木net」/第60回正倉院展のポスター