森林浴 森林セラピー

 
TopPage | ご利用の手引き | 森林・林業用語検索 | 木製品紹介 | リンクについて | お友達に紹介 | お気に入り登録

トップページ  →  森林・林業関連トピックス  →  森林浴と森林セラピー

 

森林浴と森林セラピー

森林浴

ハイキングやトレッキング、登山などで、森林を歩くと、どこか清々しい感覚を覚えます。精神的にも安心感が得られ、ウォーキング等の運動よるカロリー消化も相まって、食欲も旺盛になるようです。森林が心身にもたらす癒やし効果は、以前から経験的に知られていました。

ところで「森林浴」という言葉は、1982年に林野庁により提唱(※)されたものです。林野庁が「健康・保養に日本の森林を活用しよう」と提唱したとき、「森林浴」というキャッチコピーが使われたのです。その後、マスコミ等で「森林浴は健康に良い」ということで話題となりました。そして「森林浴ブーム」も起こり、「森林浴」は、よく知られる言葉となりました。

※当時の林野庁長官・秋山智英氏により提唱されました


フィトンチッド

森で清々しく感じるのは、主に「森の空気」によるものです。森には、樹木が発散する「フィトンチッド」と呼ばれる揮発性の芳香物質(テルペン類など)が満ちているのです。

フィトンチッドは、空気中の雑菌類などを殺しますが、人間にとっては有益です。ストレスを解消し、心身ともにリラックスさせてくれることが知られています。人が森の中でフィトンチッドに満たされた新鮮な空気を浴びながら、呼吸すると、血液が浄化され、新陳代謝が活発になるため、身体の中の老廃物が排出されやすくなります。すると、抵抗力も強くなり、自然治癒力が高まるとも言われています。

※「フィトンチッド」を命名したのは、旧ソ連のレニングラード大学のB.Pトーキン博士です。語源は「フィトン(植物)がチッド(殺す)」。つまり、空気中の雑菌類などを殺し、空気を浄化する働きがあり、森林はいつも新鮮な空気で満たされているのです

森林環境(ブナ林)と都市環境における
唾液中のストレスホルモンの濃度比較
資料:独立行政法人森林総合研究所/林野庁「RINYA No.82」

NK細胞とは、がん細胞やウイルスから体を守る免疫細胞の一種
資料:日本医科大学/林野庁「RINYA No.82」


森林セラピー

「森林浴」が提唱されてから、22年後の2004年。「森林セラピー」という言葉が提唱されました。「森林セラピー」とは、森林浴をより(医学的に)効果的に行なう、いわば「進化した森林浴」です。森林浴が昭和に始まったのに対し、森林セラピーは「平成の森林浴」と言えるかもしれません。

※森林総合研究所によると「科学的(医学的)効果が解明された森林浴」が「森林セラピー」とのことです。

森林浴が提唱されてから、森林のもつ「癒し効果」を活かして、健康増進やリハビリテーションに役立てる「森林療法」が注目を集めてきました。しかし、森林浴の医学的な解明が進んでいないため、森林療法メニューも確立されていないのが現状でした。

そこで、経験的に知られている森林浴による効果をより医学的に解明して、心と身体の健康づくり、予防医療などに積極的に活用していこうという取り組みを行うため、平成16年3月には、森林セラピー研究会(特定非営利活動法人 森林セラピーソサエティ)が設立されました。

そして、森林の香り、音、風景などが、子ども、健常者、高齢者、ハンディキャップ者などの生理的、心理的効果に及ぼす影響を医学的に検証する取り組みが行われ、森林浴の効果は感覚的なものではなく、医学的にも心身に良い影響を与えることが解明されてきました。

今では、全国の森林のうち、約60箇所が「森林セラピー基地」や「森林セラピーロード」として認定されています。これらは、生理的実験、心理的実験、物理的実験により、森林の癒やしの効果が確認された森林です。「森林セラピー基地」や「森林セラピーロード」では、訪れる人々のために健康増進やリラックスを目的とする「森林セラピープログラム」が用意されており、森林ウォーキングをはじめ、さまざまな効果的な森林浴のプログラム「森林セラピー」を楽しむことができます。

森林セラピー全国57の森(↑クリックで詳細サイトへ)


〔参考・引用〕
特定非営利活動法人森林セラピーソサエティ「森林セラピー総合サイト」/株式会社ヘルスクリニック/林野庁「RINYA No.82」