日本の森林面積と森林率

日本の森林の写真

日本は世界第3位の森林大国/徳島県三好市 吉野川上流
©2010 私の森.jp 写真部

01/04

日本は世界有数の森林大国

日本の森林は約2,505万haあり、そのうち約1,348万ha(約5割)が天然林、1,020万ha(約4割)が人工林、残りが無立木地、竹林などです。国土面積に占める森林面積は約66%(森林率約7割)で、先進国の中では有数の森林大国です。

02/04

日本の国土の66%(約3分の2)は森林

日本の国土面積は3,780万ha、森林面積は2,505万haなので、日本の国土の約3分の2(66%)は森林となっています。

日本の森林面積と森林率

国土面積:3779.75万ha(国土地理院/令和3年7月1日現在)
森林面積:2504.8千ha(森林・林業白書 令和2年度版 データは平成29年3月31日現在)

03/04

日本は世界有数の森林国

国土面積に占める森林面積を森林率といいます。国連食料農業機関(FAO)が公表しているデータでは日本の森林率は68.5%(※1)。つまり国土の7割は森林ということになります。日本の森林率は先進国(OECD諸国)(※2)の中では、フィンランドに次いで第2位。世界でも有数の森林国といえます。ちなみに世界の森林率の平均は約31%です。
日本は資源のない国とよくいわれますが、森林資源については乏しいわけではなく、実は使われずにいるという現状もあります。

※1:面積の算出根拠(湖沼面積の含有の有無等)が違うため、このページの最初の日本の森林率(66%)とは多少差があります。日本では一般に66%としています。

※2:OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development/経済協力開発機構):自由主義先進工業国を中心とする国際協力機関

世界の森林率のグラフ

FAO「Global Forest Resources Assessment 2015」


世界と日本の森林率比較の模式図

世界の平均森林率は31.0%、日本の森林率は68.5%

04/04

都道府県別森林面積と森林率

日本の森林面積を都道府県別にみると、大きい順に北海道(554万ha)、岩手県(117万ha)、長野県(107万ha)となっています。森林面積が最も小さいのは、大阪府(6万ha)で、次いで東京都(8万ha)となっています。

森林率(面積に対する森林面積の割合)をみると、高い順に、高知県(83.8%)、岐阜県(81.2%)、長野県(78.8%)となっています。最も低いのは、大阪府(30.0%)、次いで千葉県(30.5%)、茨城県(30.6%)となっています。

都道府県
番号順
都道府県名森林面積(万ha)森林率
1北海道55470.6%
3岩手県11776.7%
20長野県10778.8%
7福島県9770.7%
21岐阜県8681.2%
15新潟県8668.0%
5秋田県8472.1%
6山形県6771.8%
2青森県6365.6%
34広島県6172.1%
39高知県6083.8%
46鹿児島県5964.0%
45宮崎県5975.7%
28兵庫県5666.7%
32島根県5278.2%
22静岡県5063.9%
33岡山県4867.9%
43熊本県4662.5%
44大分県4571.4%
35山口県4471.5%
10群馬県4266.5%
4宮城県4257.3%
38愛媛県4070.7%
24三重県3764.5%
30和歌山県3676.5%
9栃木県3554.5%
19山梨県3577.9%
26京都府3474.2%
36徳島県3175.9%
18福井県3174.5%
17石川県2968.3%
16富山県2867.1%
29奈良県2876.9%
31鳥取県2673.8%
42長崎県2458.7%
40福岡県2244.6%
23愛知県2242.2%
25滋賀県2050.5%
8茨城県1930.6%
12千葉県1630.5%
11埼玉県1231.5%
41佐賀県1145.2%
47沖縄県1146.8%
14神奈川県939.2%
37香川県946.6%
13東京都836.0%
27大阪府630.0%
データ出所:林野庁統計情報 平成29年3月31日現在