日本の森林分布 森林帯

日本は気候が多様、地形が複雑なため、森林も多様・複雑になります。

日本の森林分布

日本の森林帯は多様

日本列島は南北に2500km以上(※)も長く伸び、狭い国土に3000m級の山岳を持っています。さらに本州中央部の山脈により、日本海側と太平洋側に分けられるため、地形が複雑さとともに、多様な気候帯を持っています。日本の多様な気候帯などの環境に対応して、多様な森林分布(森林帯)が存在します。日本では、1000種以上もの多様な樹木が存在し、それぞれの環境に適応しながら生育しています。

※宗谷岬~那覇(空港)までの直線距離が約2500kmです。

日本の森林分布

日本の森林分布


水平方向でみる日本の森林分布

日本の森林を水平方向の気候帯別に大まかに分けると、沖縄は「亜熱帯で多雨林」、その北が「暖温帯で照葉樹林」、本州中北部と北海道の東部を除く残りの地域が「冷温帯で落葉広葉樹林」が分布します。北海道の東部は「亜寒帯で常緑の針葉樹林」が分布します。


垂直方向でみる日本の森林分布

標高が高くなるほど一般に気温が低くなります。山岳の上部(亜高山帯)には「亜寒帯の常緑針葉樹林」、その下に「落葉広葉樹林」、さらにその下に「低山帯・丘陵帯は照葉樹林」が分布しています。なお、亜高山帯の上には、高山帯が存在し、低木林が分布します。


水平方向と垂直方向でみる日本の森林分布

名称 水平方向 垂直方向 優先樹林 おもな樹種
低木林 寒帯 高山帯 常緑針葉樹林 ハイマツ、タカネナナカマド
針葉樹林 亜寒帯 亜高山帯 常緑針葉樹林 エゾマツ、トドマツ、シラビソ、オオシラビソ、コメツガ、トウヒ
夏緑樹林 冷温帯 山地帯 落葉広葉樹林 ブナ、ミズナラ、ハルニレ、ケヤキ、イタヤカエデ、ヤマモミジ、ウラジロモミ
照葉樹林 暖温帯 低山帯
丘陵帯
常緑広葉樹林 アラカシ、シラカシ、ウラジロガシ、スタジイ、タブノキ、イスノキ、クスノキ、ヤブツバキ(※)
多雨林 亜熱帯 亜熱帯 常緑広葉樹林 マングローブ、ガジュマル、ソテツ、オキナワウラジロガシ、アコウ、木生シダ(カゲヘゴなど)

※里山などの二次林では、クヌギやコナラなどの落葉広葉樹も見られる



〔参考文献・出典〕
社団法人全国林業改良普及協会「森林インストラクター入門」