日本の森林の高齢化と世代交代 育成林 人工林

日本の森林も日本の社会と同じように「高齢化、少子化」とも言える状況が進行。若い木が少なく、高齢な木が多くあります。

木を伐って使うことは環境破壊と思っている人も多いよね。でも、日本の森林には「保護すべき森林」の他に「木材を使うために育てて、成長したら収穫する森林(=木の畑)」があるんだ。

今の日本では、木の畑で育てた多くの木が成熟して、収穫すべき時期になっているんだ。でも、成熟した木が使われないまま放置されいる森林も目立つようになっているんだ。もったいないよね。さらに悪いことに、放置された森林は荒れて、山崩れやがけ崩れなどの土砂災害が起きやすくなっているんだ。収穫すべき木は、伐って、使って、伐ったところに若い苗木を植えて、育てることで、日本の森林は元気になるんだよ。

日本の森林の高齢化と世代交代

日本の森林面積は過去40年間増減なし

日本の森林は、国土の約7割(66%)を占めています。日本の森林面積は約2500万haで、過去40年間森林面積の増減はありません。

一方、森林蓄積は増え続けており、過去40年間で2.3倍に増えています。特に育成林(=人工林)では約5倍に増大しています。森林蓄積とは、森林の木々の幹の体積のことで、日本の森林資源の量を表す目安になります。つまり、日本の森林資源量が毎年増加しているということになります。


どれだけの森林資源を使っているのか?

それでは、日本の森林資源はどれだけ使われているのでしょうか。次のグラフは、各国の森林蓄積(森林資源)とその伐採率です。

自国の森林資源に対する年間伐採量

データ:「なぜ、いま木の建築なのか(学芸出版社)有馬孝禮 著」OECD加盟国の森林蓄積量に対する年間伐採量の比率

日本は他国と比べて自国の森林資源を使っていないことがわかります。しかも、日本で年間に利用する木材のうち7割以上は輸入材です。


高齢化が進む日本の森林

次の育成林(人工林)の林齢別面積は、昭和60年と平成24年と比較したものです。分布の形がほぼ変わらず、ほぼ同じ形でスライドしています。

高齢化が進む日本の森林 育成林(人工林)の林齢別面積のグラフ

データ:森林・林業白書(林野庁)

平成24年の分布をみると、若齢の森林が少なく、45年生以上の収穫適齢期の森林の割合が半分以上(95年生までカウントした場合51%)を占めています。日本の森林は言わば「少子高齢化」で、この状態は以下の理由から好ましい状態ではありません。


次世代に森林資源を残すためには?

まず、1つめの理由は、次世代に日本の森林資源を残すことができなくなるからです。

日本は国土面積の7割が森林で、国内でのこれ以上の植林には限界があります。森林資源を次世代を残すためには、成熟した育成林の木を伐採して資源として有効活用するとともに、伐採地には若い木を植えることで、はじめて、資源としての世代交代が成立し、持続可能な森林資源となるのです。

上記のグラフを見ると、ピークにある伐採適齢期の森林(46~50年生)は163万haあります。一方、1~5年生の森林は7万ha。わずか4%です。単純に考えれば、45年後の森林資源は、今の4%にまで減ってしまうわけです。

森林は、伐採しても、その後に植林して適切に管理すれば、次の世代に残すことができる持続可能な資源です。今、伐って、植えないと私たちの次の世代に森林資源を残すことが難しくなるでしょう。


若い木を植えることは温暖化防止にも貢献

もう一つの理由は、森林の持つ温暖化防止機能が十分に発揮されないからです。高齢な木よりも若い木(若齢木)の方が成長が盛んなため、温室効果ガスのCO2をより多く吸収します。そのため、成熟期の木を伐採し、若い木を植えることは地球温暖化防止にもつながります。温暖化防止に向けた森林への期待は大きく、京都議定書の第一約束期間には、CO2をはじめとした日本の温室効果ガスの排出削減目標の3分2は森林が担っていました。今後の温暖化防止対策でも、森林は大きな役割を担うことでしょう。

樹種別,林齢別の炭素吸収量のグラフ

ところで、伐採した木材は住宅や家具、日用品などに姿を変えてもCO2は炭素の形で木材の中に固定されます。つまり、それらを使い続けているうちは、大気中のCO2を減らしていることになります。木材は言わば「炭素の缶詰」です。伐採地に若い木を植えれば、資源の循環が始まると同時に温暖化防止にもつながるのです。


守るべき森林と使うべき森林

地球上には、生態系を維持し保護する為に守るべき森林があります。それと同時に、持続可能な資源(使っても未来に残すことが可能な資源)として木材を利用するために、常に再生、更新しなければならない森林もあります。これら二つの森林をしっかりと区別して考えることが大切です。

今の日本では、林業離れが進み、森林が放置され、荒廃している森林が目立つようになりました。地球環境保全のためにも森林資源を循環させるために育成林(人工林)を適切に伐採、利用、植林することが必要とされています。