カーボンフットプリント

森林・林業関連用語 - 「カーボンフットプリント」を、やさしい言葉でざっくり言うと…

カーボンフットプリント かーぼんふっとぷりんと

商品ごとの環境負荷の可視化(見える化)


カーボンフットプリント(Carbon Footprint of Productsの省略形)。直訳すると「商品の炭素の足跡」商品の原料の調達から、製造、輸送・消費・廃棄されるまで、各段階で排出されるCO2の量を計算して、積み上げていき、その合計を表示したもの。商品そのものの環境への負荷の度合いを商品単体レベルで知ることができる。数値が大きいほど、環境に与える負荷が大きいことになる。
経済産業省が主体となって進めている制度で、消費者にCO2の排出量の少ない商品を選ぶ目安とし、CO2の排出削減とともに地球温暖化防止につなげるねらいがある。生産者にとっても、より排出量の少ない原料や生産・加工工程を選択することができる。海外(欧州や韓国、台湾など)では商品だけでなく、航空運賃やホテル宿泊などのサービス全般にカーボンフットプリントを導入する動きが広がっている。