照葉樹

森林・林業関連用語 - 「照葉樹」を、やさしい言葉でざっくり言うと…

照葉樹 しょうようじゅ


暖温帯から亜熱帯に発達する常緑の樹木。葉は深緑色で革質。葉の表面にはクチクラ層というロウ状のものがあるため光沢があり、寒さなどから葉を保護しているといわれています。熱帯の照葉樹は水の蒸発を防ごうとして、葉はさらに硬くなり「硬葉樹」と呼ばれることがあります。カシ、シイ、モチノキ、ヤブツバキ、モッコク、ハイノキ、ヤブコウジ、タイミンタチバナ、クスノキ、タブ、カゴノキ、シロダモなどが照葉樹です。

〔参考・引用〕
長崎の樹木「豆知識」