燃料革命

森林・林業関連用語 - 「燃料革命」を、やさしい言葉でざっくり言うと…

燃料革命 ねんりょうかくめい


昭和30年代の高度経済成長期に起きた急速なエネルギー源の転換のこと。安くて取り扱いの便利な石油・天然ガスなどの化石燃料が大量に輸入され、それまでエネルギー源であった石炭や薪炭に取って替わった。家庭用燃料もみるみるうちに石油やガスへと変わり、昔から家庭で使われてきた薪や木炭はほとんど姿を消した。このエネルギー源の急激な変化を一般に「燃料革命」と呼ぶ。