欧州材

森林・林業関連用語 - 「欧州材」を、やさしい言葉でざっくり言うと…

欧州材 おうしゅうざい

ヨーロッパから輸入される木材の総称


ロシアを除くヨーロッパ各国(欧州)から輸入された木材の総称。日本の木材供給量の約8~9%を占めています(2016年現在)。ほとんどは、製材品(角材や板材など)で、特に構造用集成材の材料(ラミナ)が多く、集成材(柱や梁、桁に使用される構造用集成材)としての輸入も目立っています。
主な輸入元は、フィンランド、スウェーデン、ルーマニア、オーストリアです(2018年現在)。
なお、主な欧州材の樹種は、次のとおりです。

  • ホワイトウッド(=オウシュウトウヒ、ドイツトウヒ)
  • レッドウッド(=オウシュウアカマツ、アカマツ、パイン材)
  • ヨーロピアンホワイトオーク
  • ブナ(=ビーチ)