気乾比重

森林・林業関連用語 - 「気乾比重」を、やさしい言葉でざっくり言うと…

気乾比重 きかんひじゅう


含水率が15%程度になったときの木材の比重(全乾比重は含水率0%のときの比重)
比重とは水1cm3=1g と比較したときの重さのこと。つまり比重が1より小さければ水に浮かび、1より大きければ沈みます。
木材の比重は一般に針葉樹は0.3から0.5、広葉樹は0.5から0.7程度です。最も軽いバルサ材が0.27、最も重いとされるリグナムバイタ材が1.28と言われています。