SRC造

森林・林業関連用語 - 「SRC造」を、やさしい言葉でざっくり言うと…

SRC造 えすあーるしーぞう

鉄骨鉄筋コンクリート造


鉄骨鉄筋コンクリート(Steel Reinforced Concrete)構造を略して「SRC」造と呼んでいます。柱・梁などを鉄骨で組み、その骨組みの周囲に鉄筋を配置して、コンクリートで一体化した構造となっています。
一般的には鉄筋コンクリート造よりも粘りがあり、強度や耐震性に優れているため、柱や梁を細くすることが可能です。その分、全体の重量を抑えることができるため、高層・超高層建築に用いられています。

※鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)はRC造(鉄筋コンクリート造)と比べると建築コストは高くなるので、低中層の建築物へはあまり採用されていません。

※最近では技術の向上により、鉄筋コンクリート造と(RC造)と鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の強度差は小さくなってきており、超高層マンションでも鉄筋コンクリート造(RC造)で建築することが可能になっています。

SRC造 鉄骨鉄筋コンクリート造の写真

SRC造|鉄骨鉄筋コンクリート造 |RC造とSRC造